ビジネス臭

最近とあることを感じていたのですが、
ふとブログのことを思い出したのでwこちらにアウトプットしてみる。

Facebookでつながっている人はたくさんいて、いろんな方がいるわけですが、
比較的近い人Aさんが最近、なんというか宗教的な感じになっている。
若干心配しつつも、それに喜びを感じているようなので何か言ったことはない。

今日は、社外研修でした。
グループワークでたまたま隣だった方が、
マーケティング担当になったけど、解決できていない課題があると言っていて、
そのテーマをグループワークに使ったのですが、
顧客目線で考えましょうと言うお題を、一方的なビジネス目線でどうしても抜け出せずにいた。
それだけだったら、まぁしょうがないと思ったんですが、
ワークが終わった後に、他の人が個々に書いた演習の紙をくださいと言ってきた。
他人の視点は必要だと思うけど、ワーク内に伝えているし、
その他人の成果を自分の成果のように言われたらやだし、
無料でコンサルとかユーザーテストの結果を持ち帰られるような感覚を覚え、私は断った。

で、Facebookの話に戻るのですが、
Aさんのもったいぶらせた啓発ブログや不特定多数のユーザーを承認する行動を若干嫌悪している自分がいて、
それってさっきの話と遠からずで、ビジネスのための嫌らしさだったんじゃないかとふと気づいた。
ほかにも、FacebookでつながっているBさんも似たような感じ。こっちは明らかにビジネスのためのブログを書いている。自撮りの写真もつけて、こうだからこうなんです系の内容。

臭ってますよ。

ビジネス臭が。

こういうなんらかの嫌悪感を「ビジネス臭」と命名しよう。
って、思っただけの話。笑