HTML5とは。~前のバージョンとの違いと、なんで“動く”の?

ちょっと、HTML5について調べまして。

FirefoxやChromeがどんどん新しいバージョン作ってるし、
iPhoneやAndroidも対応しちゃってるし、
iPadがいろいろプラグインに対応していないことに反論してスティーブ・ジョブズ氏が「Flashなんて将来誰も使わなくなる。世界はHTML5に向かって動いている」と言ったとか言わないとか。
なのか、
最近動きが活発化しています。

ところで、『HTML5がFlashにとって変わる』というような噂を耳にしたことがあるかもしれません。
SketchPadなんかを見ると感動しますが、
Flashじゃないなら何?ということになります。

これはHTML5で定義された、Canvasという機能を用いています。
これはAPIとしてもたらされるのですが、実態はJavaScript。
だから上記のサイトもソースをよく見てみると、XHTML・・・!

え?HTML5ってJavaScriptなの!?

違います。

ちゃんと、マークアップ言語です。
ベースはHTMLですから、
XHTMLのような<br />という書き方ではなく<br>に戻ります。
でも、<center>や<font>タグは廃止されました。非推奨ではありません。
そして、
今まで<div id=”header”>というように記述されていた各セグメントに名称が与えられました。
<header>タグや<footer>タグ、<nav>タグなどもあります。
しかし、はっきりいってこれらは見た目に変化はありません。(見た目はCSSです、はい。)
他にinputタグがかなり拡張されていますが、まだ各ブラウザベンダで実装段階にありません。(Operaは実装済み)

変化が大きいのは、
<canvas>タグ、<audio>タグなどというのも追加されまして、これがAPIなのです。
たとえば<video>タグではJavaScriptでムービーのコントロールを付けることができます。
最近はドロップ&ドラッグ機能についてもとり立たされていましたね。

と、いうことは、
HTML5で実際のマークアップをするには弊社のようなデザイナでもOKですが、
APIのほうは、プログラマ寄り・・・他社で言うところの、『コーダー』という人の需要が出てくる。
FlashをHTML5で代替する、とはwebディレクターにとってどういうことか?という人もどうしたもんだかと言っていたw

なんか、新しい局面を迎えそう!?

最後に現在日本でHTML5に一番詳しそうな人、
株式会社あゆた(結構HTML5の出始めからHTML5の情報を流していた会社)の白石氏の解説を紹介。
WHAT IS HTML5?
詳解! HTML 5と関連APIの最新動向 – 新タグ&API編
HTML5用のリセットCSS(正式版?)

そうそう、HTML5はOpera、Apple、Mozillaの各社ベンダからの持込でW3Cから勧告された言語です。
この先、W3Cが廃れるかも!?という噂があります。

HTML5自体はもちろんまだ各ブラウザベンダで実装されていない部分が残っており、
W3Cの勧告はもうちょっとあとかなぁ・・・というところですが、
APIはJavaScriptなんで、別にブラウザに関係なければ、こっちが先に実装されそうだな~っという所感です。